東京天使病院のご案内GUIDE

看護部のご案内

明日の明日の明日は
私達の未来に繋がっています
看護部長
本間久美子
明日の明日の明日は
私達の未来に繋がっています
日本の社会は益々高齢化が進み、当院の外来でもお年を召した方を沢山お見かけします。
認知症を患っていらっしゃる方も多くなりました。高齢者でありながら独居の方、老々介護の方、一人っ子介護の方と高齢者やそのご家族には苦しい日々が続いているように感じます。そのような中においては、急性期から回復期そして在宅へと一連の流れの中で地域の住民や高齢者を温かく見守りながら、トータル的医療を提供できる当院のような医療機関は重要な役割を果たしていると考えます。これからもその伝統を守り、地域への貢献に努めていく所存です今、看護で何が一番大切かと問われたら、私は迷わず「感性と想像力!」と答えます。
専門職である以上、知識・技術・経験はとても大切なことですが、患者様やそのご家族を「もし自分の家族だったら・・・」「自分の大切な人だったら・・・」と思うことができれば、自ずと自ら学び研鑚に努めることができるはずだと思うのです。
明日の明日の明日は私達の未来に繋がっています。今私達が行っている医療や看護の質はいずれ私たちが享受するものに他なりません。今何が出来るのか、何を変えていくのかで未来の医療・看護は変わっていくということを若いスタッフ達に伝えていきたいと思います。幸い当院は「東京天使病院」の名のごとく、職員全体で患者様とそのご家族に温かく寄り添い、地域と強い絆を結んでいる病院です。また勉強熱心な看護スタッフが多いことは看護部長の誇りと自慢になりそうです。
専門職として時代が変わっても守り続けなければならないこと、時代とともにしなやかに変わっていかなくてはならないことをしっかり見極めながら、この先も地域とともに、歩んで行ける看護部を目指します。

各病棟の挨拶

一般病棟 / 2F

柔軟に対応し安心・安全に働き続けられる職場環境づくりも心掛けています。
2階師長

病棟の目標は24時間365日 ,患者様の入院を断らずに受け入れることです。主に循環器や呼吸器など様々な疾患を持つ方が入院されていますし、睡眠時無呼吸症候群の方のベッドも2床あります。緊迫した場面に遭遇することもありますが、ナースとしてのスキルや看護判断を養うことができる病棟であり、また患者様が目に見えて回復する様子がわかりやすいことは、ナースたちの「やりがい」にもつながっています。
急性期病棟の看護師は「キツそう」といったイメージを持つ方もいらっしゃるかと思いますが、ナース達はそれぞれの個性や得意分野を活かし、患者様が安心して、治療に専念できるよう多職種と連携しながら働いています。
当病棟はワークライフバランスを大切にしています。スタッフには様々なライフステージがありますが、柔軟に対応し安心・安全に働き続けられる職場環境づくりも心掛けています。ON・OFFのメリハリをつけることで、日々の生活に、彩りが溢れると、自然と心が優しくなれると思います。2階病棟でお待ちしております。

回復期リハビリテーション病棟 / 3F

患者さまとご家族の望む生活に近づくリハビリテーション看護を皆さまと協働できることを楽しみにしています
3階師長

地域包括ケアシステムの中で、病院と在宅を繋ぐ架け橋として、リハビリテーション看護と退院支援を中心に、患者様とご家族の望む生活に近づく看護を行っています。また、回復期リハビリテーション認定看護師を中心に、高次脳機能障害への看護に力を入れ、看護研究活動を行い回復期リハビリテーション学会で積極的に発表しています。職員の年齢層は20代~50代と幅広く、ライフステージも様々であることが特徴です。経験年数を問わず、一人ひとりの看護師の強みや特性を生かし、協働してチームナーシングが行えるよう、風通しのよい職場風土を作っています。患者さまとご家族の望む生活に近づくリハビリテーション看護を皆さまと協働できることを楽しみにしています。

地域包括ケア病棟 / 4F

在宅復帰に向けて診療、看護、
リハビリを行うことを目的とした病棟です。
4階師長

急性期治療を終了し、直ぐに自宅や施設に移行するにあたって不安のある患者さま、在宅・施設療養中から緊急入院をした患者さまに対して、在宅復帰に向けて診療、看護、リハビリを行うことを目的とした病棟です。
近年の医療の高度化に伴い地域包括ケア病棟の重症度も上がってきており、様々な疾患の患者さまが入院されています。看護師・看護補助者約30名で、多職種と連携をしながら患者さまのケアを行っています。和気藹々とスタッフ全員で助け合いながら、明るく楽しく仕事をしています。私たちと勉強しながら、患者さまとご家族が安心して住み慣れた地域、御自宅に帰ることが出来る様に看護を実践していきます。

外来

ご一緒に働けることを
外来看護職員一同心よりお待ちしています。
外来師長

診察補助・内視鏡補助・救急看護・その他の多岐に渡って経験することが出来ます。高齢化率が日増しに上昇する昨今、医師や外来スタッフと共にチームとなって積極的に受け入れを行います。又、訪問診療や訪問看護ステーションとも連携して、在宅の患者様のタイムリーな医療ニーズに貢献しています。また、地域の特性を理解し近隣の皆様の頼りとなるべく、八王子市等の健診や人間ドック等の健康維持・増進にも意識を高め尽力させて頂いています。職場は温かくアサーティブな雰囲気です。子育て経験者も多いので、お互いに助け合いながら、個別性を大切に思いやりを持って仕事をしています。他者と協働する中で「自分らしく」を大切にして、ご一緒に働けることを外来看護職員一同心よりお待ちしています。

訪問看護ステーション

新しい仲間を募集中ですので、
ぜひ一緒に温かい訪問看護を行って行きましょう!
訪問看護
ステーション所長

当ステーションは2023年8月に開設し、八王子市西部地域を中心に活動しています。看護師がご自宅に訪問して、健康状態の悪化防止や回復に向けてのお手伝いをしています。住み慣れた地域、ご自宅でその人らしく生活していけるように、ご利用者様とご家族様の気持ちに寄り添い、尊厳を重視しながら安心して在宅生活が送れるように多職種と連携して支援をしています。
質の高いケアが提供できるように日々スタッフ間の情報共有を欠かさず、院外研修にも積極的に参加しています。新しい仲間を募集中ですので、ぜひ一緒に温かい訪問看護を行って行きましょう!

看護部について

Your pleasure, My pleasure

上記病院理念のもと、
感性と想像力を持って患者さまと
そのご家族に寄り添い、
愛ある優しい看護を提供します。

看護部基本方針

  • 患者様とご家族の
    お話をよくお聴きします。
  • 視線を合わせて
    笑顔で対応します。
  • 患者様やご家族が、
    自分の大切な人だったら…
    という気持ちを忘れません。
  • 専門職としての学びとともに、
    人間力を高める学びを
    継続します。

教育方針

    教育理念
    当院の目指す看護を実践していくために、看護専門職としての倫理観を基盤とし、看護技術・知識・態度を備えた地域医療を担う人材を育成していきます。また、それぞれの看護師のライフステージやキャリア構想を踏まえ、看護チームの一員として主体的に、自分らしく役割を発揮できるよう支援していきます。
    教育目標
    • 1 看護部における教育体制の充実と実施をはかる
    • 2 各部署の機能・特性を踏まえた研修を実施し、専門職者として看護実践力を高めることができる
    • 3 組織の一員として役割を自覚しチームワークを発揮する人材を育成する
    • 4 各部署の教育に関する問題点を教育委員・管理者で共有し、看護部全体で育てる教育環境を作る
    目指す看護師像
    東京天使病院が目指す看護師は、「心と体のトータルケア」ができる看護師です。看護師としての専門職者としての自覚を基盤とし、根拠ある手順に基づいた看護実践をするだけでなく、患者様、ご家族様、共に働く職員の立場に立って自分の役割や行動を考え、主体的にチームの一員として、組織の一員として行動できる姿を期待します。
    教育体制
    看護部長、看護部教育委員、各部署の看護責任者が連携し合い、研修や目標管理を行ないながら、看護部全体で育てる体制をとっています。
    当院の
    キャリアラダー
    経験年数にとらわれず、個人のキャリアニーズや実践能力を踏まえ、日本看護協会のクリニカルラダーを用いてキャリア支援を行っています。また、各部署の専門性を生かした学会発表も行い、看護実践を形あるものとして公表することに取り組んでいます。

お問い合わせ先はこちら

お電話でのお問い合わせ先

TEL042-651-5331 FAX042-652-3753

月 - 金:午前 9:00 - 12:00 | 午後14:00 - 17:00

土: 9:00 - 12:00 | 午後14:00 - 17:00(予約のみ)

メールでのお問い合わせ

info@angelcourt.or.jp
お問い合わせのお返事に数日かかる場合がございますので、ご了承ください。
〒193-0811
東京都八王子市上壱分方町50-1
042-651-5331
診療時間 :

月 - 金午前 9:00 - 12:00 | 午後14:00 - 17:00

午前 9:00 - 12:00 | 午後14:00 - 17:00(予約のみ)