東京天使病院
附属駅前クリニックのご案内CLINIC

頭痛外来・物忘れ外来・禁煙外来

頭痛外来のご案内

頭痛でお悩みの方。頭痛の発生時期、痛みの持続期間、頻度、痛み方などの詳しく問診を行い、必要に応じて天使病院本院にてMRIで精密な検査を行います。

物忘れのご案内

最近こんなことありませんか??

同じことを言ったり聞いたりする

最近の出来事を思い出せない

物をなくしたり置き忘れたりする

物の名前が思い出せなくなった

被害妄想

ご近所トラブル

家事が出来なくなった

自動車免許の更新など

ご家族の方と一緒にお気軽にどうぞ

物忘れの種類

年齢に伴う物忘れ

軽度認知機能障害

認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症など)

治療により回復する物忘れ(慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、うつ病)

画像検査によるアルツハイマー診断

VSRAD(早期アルツハイマー型認知症診断支援システム)

MRIで海馬萎縮を画像診断する撮影方法も天使病院本院で行っております。

禁煙外来のご案内

禁煙 始めませんか!!
たばこは様々な病気の原因となります。 以下は、その病気の一部です。

がん
タバコの煙には約60種類の発がん性物質が含まれています。タバコが深く関わる病気として最もよく知られているのは肺がんです。タバコの煙が触れる口腔や咽頭、喉頭も、喫煙により、がんが生じやすくなります。また、タバコの煙が触れない「胃」や「肝臓」などのがんも、喫煙によってリスクが高まります。
COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:慢性閉塞性肺疾患)
タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸うことで生じた肺の炎症性疾患です。咳やたんが気になったり、階段を上るだけで息が切れたりする方は、COPDの可能性があります。
動脈硬化(脳梗塞、心筋梗塞など)
タバコを吸っていると、悪玉(LDL)コレステロールが血管にたまりやすくなるだけでなく、動脈硬化を防いでいる善玉(HDL)コレステロールが減ってしまいます。そのため、動脈硬化が発生・悪化しやすくなるのです。
骨粗鬆症
タバコを吸う方は、骨粗鬆症のリスクが高まることが知られています。喫煙すると「骨への血液供給が減る」「骨を形成する細胞(骨芽細胞)が生産されにくくなる」「カルシウムが吸収されにくくなる」などの理由で、骨密度が低下するためです。その結果、骨折しやすくなります。
うつ病
海外の調査で、タバコを吸う方のうつ病のリスクは、吸わない方の2.9倍に高まることが報告されています。

以下の条件を満たす場合、禁煙外来で禁煙治療を受けることができます。

自らが禁煙を望むこと

ニコチン依存症診断用のスクリーニングテスト (TDS) を行い5点以上

喫煙年数と1日の喫煙本数を掛けた値が200以上であること

治療方法に関しての文章を読み、治療に関して承諾すること

治療の流れ

健康保険等を使っての禁煙治療では12週間で5回の診察が標準治療となっております。初回の診察で、喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかを診断します。毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定します。
12週間の治療で禁煙成功率は78%程度とのデータがあります。

外来担当医:星川 賀織

日本頭痛学会認定専門医 日本脳神経外科学会認定専門医 日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

診療日:毎週 月曜日、金曜日

診察時間 9:30 〜 12:00 (受付時間 9:00 〜 11:30)

詳しくは、電話でお問い合わせください。

交通アクセス

交通アクセス

○公共交通機関でお越しの場合

JR線中央線 八王子駅北口から徒歩8分

京王線 京王八王子駅中央口から徒歩1分

アクセスページはこちら

お問い合わせ先はこちら

住所

〒192-0046 東京都八王子市明神町4-6-2
シャンボール京王八王子1階

お電話でのお問い合わせ先

TEL042-656-0075 FAX042-656-0076

受付時間:9:00 - 12:00 | 診療時間:9:30 - 12:30

メールでのお問い合わせ

info@angelcourt.or.jp

〒192-0046
東京都八王子市明神町4-6-2 1階
042-656-0075

受付時間午前 9:00 - 11:30 | 午後 14:00 - 16:30

診療時間午前 9:30 - 12:00 | 午後 14:00 - 17:00

※第1、3週目の土曜日午前はは30分延長となります。