医療法人社団 玉栄会東京天使病院エンジェルコート

回復期リハビリテーション病棟言語聴覚療法のご案内



言語聴覚療法 (Speech-Language-Hearing Therapy:ST)とは
  • 言語聴覚療法部門では、ことばによるコミュニケーション、注意・記憶などさまざまな高次脳機能、食べること・飲み込むことに関するリハビリテーションをおこなっています。

    言語療法では失語症や構音障害に対する言語療法、嚥下障害に対する摂食機能療法(嚥下訓練)を行います。また、知的障害や高次脳機能障害に対する評価なども行います。患者さんのコミュニケーション能力の改善をはかりながら、 社会復帰に向けて支援します。また、嚥下障害に対しては、安全に口から食べていけることをめざして摂食機能療法を行い、安全な食事内容などについて検討します。

  • 言語聴覚療法が対応するもの

    ○構音障害

    ろれつが回らなくて話しづらい、聞きづらい

    ○失語症

    頭の中にある考えが言葉にならない、周囲の人の話す言葉の内容が理解できない

    ○言語発達遅延

    成長に伴う言語機能の発達が遅れる

    ○吃 音

    言葉の開始が滞り、同じ音を繰り返す

     

    ・・・等を対象とします。

  • 摂食嚥下障害とは

    脳卒中や神経変性疾患等の中枢神経疾患、咽頭や喉頭等の局所的疾患、精神的心理要因などの原因で、十分に水分・食事がとれない、飲み込むときにむせるという障害です。 知的機能障害は言語機能との関係が深く、これもコミュニケーションや社会生活に重大な支障をきたします。 また、嚥下障害は栄養摂取の問題や肺炎の原因など、生命維持にも重大な支障をきたします。

    言語聴覚療法部門では、さまざまに標準化された評価スケールや独自に工夫した評価法を用いて、障害の質的・量的診断を行い、その度合いにしたがって療法をおこないます。  絵本、カードから視覚、聴覚を利用した音声診断装置・音声支援装置・ビデオ装置等を用いて、言語機能の改善・コミュニケーション機能の向上を図っています

     

このページのトップへ


Copyright © since 2001 GYOKUEIKAI All Rights Reserved.