医療法人社団 玉栄会東京天使病院エンジェルコート

回復期リハビリテーション病棟理学療法のご案内



理学療法 (Physical Therapy:PT)とは
  • 回復期リハビリテーション病棟理学療法器具ルーム1

    理学療法では事故や病気による障害のために、日常生活動作が難しくなった人々に対し、「運動を中心に」その動作能力の回復や残った運動機能を最大限に発揮するための治療・指導・支援をおこないます。

  •  
  • 寝返りや起き上がり、座位や歩行などといった基本動作の訓練を早期より開始し、
    また温熱療法・低中周波療法・牽引療法など各種の物理療法などを用いながら、痛みの軽減や緊張の緩和を行い、治癒の促進をはかっています。切断や麻痺のある患者さんに対しては、義肢や装具の適応を検討し必要な場合にはその作成を行います。日常生活動作の自立と社会復帰に向けた個別のオーダーメイドの訓練プログラムを立て患者さんの自立支援を促しています。

  •  
  • 回復期リハビリテーション病棟理学療法器具ルーム2

    理学療法室には各種の治療機器をはじめ、心電図等のリスク管理に必要な各種機器等も備えています。整形外科疾患の予防的な治療から術後のフォロー、又、脳卒中に代表される中枢神経疾患・ 安静を余儀なくされる治療によって生じた廃用性症候群まで、幅広い疾患をフォローアップします。

このページのトップへ


Copyright © since 2001 GYOKUEIKAI All Rights Reserved.