医療法人社団 玉栄会東京天使病院エンジェルコート

回復期リハビリテーション病棟作業療法のご案内



作業療法(Occupational Therapy :OT) とは
  • 回復期リハビリテーション病棟作業療法器具ルーム1

    事故や病気による身体や心の障害に対して、様々な手作業、着替え、整容、食事、排泄などの日常生活動作といった「作業活動」を通して心身の機能回復を目指します。また、生活がしやすくなるような環境を整えるといった指導・支援もおこないます。

  •  
  • 上肢や手指の機能障害のみでなく、失行や失認などといった高次脳機能障害などにも対応します。洗面・入浴・トイレなど基本的な日常生活訓練から、洗濯や掃除、調理などといった家事動作の訓練、さらに復職を想定した職業的な訓練など幅広く関わっていきます。 手芸や木工など、各種の作業を通じて精神的・身体的な機能の改善をめざすことや、自助具の作成などにより患者さんの日常生活を支援するといったところは作業療法の専門分野です。

  •  
  • 回復期リハビリテーション病棟作業療法器具ルーム2

    入院されている方は、病棟での日常生活の中で、実践しながら自立を目指すために、医師・看護師・リハビリテーションスタッフ・医療ソーシャルワーカーと連携を取っています。 作業療法室の台所での調理を始めとした家事動作訓練、必要と判断した方については買い物や公共の交通手段の利用等を通して、応用歩行能力や社会的適応能力を訓練する外出訓練も行います。

このページのトップへ


Copyright © since 2001 GYOKUEIKAI All Rights Reserved.