医療法人社団 玉栄会東京天使病院エンジェルコート

回復期リハビリテーション病棟のご案内



トップページ東京天使病院>リハビリテーションセンターとは
リハビリテーションセンターとは
  • 回復期リハビリテーション病棟外観

    最新の設備と経験豊富なスタッフが、より豊かに生活をおくることができるように、各種療法・訓練を行います。

  • リハビリテーションとは、re(再び)habilis(ふさわしい)atation(にする)の3つの言葉から成っており、人間がふさわしくない状態に陥ったとき、再びふさわしい状態に戻すという意味で、病気やケガ等でいろいろな障害を持った人々に対して、 その障害を可能な限り回復させ、残された能力を最大限に高めて、身体的・精神的・社会的に生きがいのある生活が送れるように援助することです。

  • 回復期リハビリテーション病棟中庭

    当リハビリテーション科(リハビリ科)では、様々な疾患にともなう各種の障害に対してリハビリ治療を行っています。回復期リハビリテーション病棟はもちろんのこと、 一般病棟の患者さんに対しても積極的なリハビリテーションを導入しています。様々な疾患の治療に伴い、安静臥床などによる関節拘縮や嚥下障害などの廃用症候群がおこることも多々あり、その予防や治療にも力を入れています。

  • 回復期リハビリテーション病棟

    回復期リハビリテーション病棟

    回復期とは、急性期の治療を受けて、症状が安定してきた時期のことです。早期のリハビリテーション開始に並んで、回復期に良質なリハビリテーションを導入することが重要とされています。 手足の麻痺以外にも、高次脳機能障害と呼ばれる後遺症や、摂食機能(食べ物を摂取する能力)障害にも積極的に取り組んでいます。

     

    当院の回復期リハビリテーション病棟では、患者様の体力に合わせて、一日最大3時間の専門治療を受けることが可能です。また、日曜・祝日も含めた365日治療を受けることができます。医師以外にも理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等のリハビリ専門職と共に看護師・ ソーシャルワーカーが毎週カンファレンスを実施しており、患者様に最適な訓練内容を提供しています。退院に際しては、VFによる摂食機能の評価・家屋評価・野外訓練・外泊訓練等を積極的に導入し、 退院後の不安などの解消に努めています。退院後は、医療保険下での外来リハビリテーションを始め、介護保険下での通所リハビリテーション・介護予防教室等、さまざまなサービスをご利用いただけます。

  • 退院後もサポートシステム

    訪問リハビリテーション、外来リハビリテーションなど、利用者様のご希望にきめ細かく対応できるように多彩のメニューをご用意していきます。
    ご退院後のサポートも安心してお任せください。

  • お問い合わせ先

    リハビリテーション外来希望の方は、下記電話番号にて受け付けています。
    電話で「リハビリテーションを受診したい」とお伝えください

    直通TEL:042−651ー5331

このページのトップへ


Copyright © since 2001 GYOKUEIKAI All Rights Reserved.