医療法人社団 玉栄会東京天使病院エンジェルコート

東京天使病院のご案内



トップページ >東京天使病院
はじめての方へ
  • 私たち東京天使病院は、八王子西部地域では唯一の救急医療機関です。
    病棟からは、北浅川の穏やかな流れとともに四季の移り変わりが感じられます。
    春、桜が開花するころには、周りの野山にも浅緑が芽吹きはじめ、夏の深緑になるまで、四季の一番美しい時を病棟に居ながら実感できます。
    秋になると裏山や隣のキャンプ場、院内の木々も紅葉に染まり冬支度が始まります。
    また、日の出の神秘的な輝き、夕日のオレンジ色等都会では見られない風景が広がります。
    東京天使病院はそんな明るく快適な環境に、優れた最新設備を導入、そして、医師、看護師、薬剤師、栄養士ならびにソーシャルワーカー等、 専門医療スタッフがチーム医療を実践。患者様が安心して、ゆっくりと治療に専念できる環境を整えています。

  • 受付・診察時間・外来診療予定時間・休診のご案内

    外来診療の時間は次の通りです。但し、急患の方はこの限りではありません。

      午前 午後
    月~金 8:45~11:30(診療 9:00~12:00) 1:30~ 4:30(診療 2:00~ 5:00)
    8:45~11:30(診療 9:00~12:00) 1:30~ 4:30(診療 2:00~ 5:00)
    (予約のみ)
  • このページのトップへ

  • 東京天使病院 外来診療担当医表(平成29年9月〜)

    外来診察担当医については、→こちら

     
  • このページのトップへ

  •  

禁煙外来のご案内
  • 禁煙 始めませんか!!

  • たばこは様々な病気の原因となります。 以下は、その病気の一部です。

  • がん

    タバコの煙には約60種類の発がん性物質が含まれています。タバコが深く関わる病気として最もよく知られているのは肺がんです。タバコの煙が触れる口腔や咽頭、喉頭も、喫煙により、がんが生じやすくなります。また、タバコの煙が触れない「胃」や「肝臓」などのがんも、喫煙によってリスクが高まります。

  • COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:慢性閉塞性肺疾患)

    タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸うことで生じた肺の炎症性疾患です。
    咳やたんが気になったり、階段を上るだけで息が切れたりする方は、COPDの可能性があります。

  • 動脈硬化(脳梗塞、心筋梗塞など)

    タバコを吸っていると、悪玉(LDL)コレステロールが血管にたまりやすくなるだけでなく、動脈硬化を防いでいる善玉(HDL)コレステロールが減ってしまいます。そのため、動脈硬化が発生・悪化しやすくなるのです。

  • 骨粗鬆症

    タバコを吸う方は、骨粗鬆症のリスクが高まることが知られています。喫煙すると「骨への血液供給が減る」「骨を形成する細胞(骨芽細胞)が生産されにくくなる」「カルシウムが吸収されにくくなる」などの理由で、骨密度が低下するためです。その結果、骨折しやすくなります。

  • うつ病

    海外の調査で、タバコを吸う方のうつ病のリスクは、吸わない方の2.9倍に高まることが報告されています。

  • 以下の条件を満たす場合、禁煙外来で禁煙治療を受けることができます。

  • ○自らが禁煙を望むこと
    ○ニコチン依存症診断用のスクリーニングテスト (TDS) を行い5点以上
    ○喫煙年数と1日の喫煙本数を掛けた値が200以上であること
    ○治療方法に関しての文章を読み、治療に関して承諾すること

  • 治療の流れ

  • 健康保険等を使っての禁煙治療では12週間で5回の診察が標準治療となっております。 初回の診察で、喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかを診断します。毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定します。

  • 12週間の治療で禁煙成功率は78%程度とのデータがあります。

  • 禁煙外来(担当医師:玉谷、別役)

  • このページのトップへ

  •  

入院のご案内
  • 入院手続き

    指定日入院の場合

    入院当日、1階メインホール奥左側 入退院受付へお越しください。

    当日入院の場合

    1階入退院受付へ入院手続きにお越しください。

    夜間、休日、祝祭日等の入院の場合は翌日の午前中に入院手続きをおとりください。なお翌日が休日、祝祭日の場合は翌平日となります。

    入退院 / 受付時間 平日午前 9:00~午後 4:30

  • 入院時にご準備いただくもの

    入退院窓口・会計にてご提出いただくもの

    ○診察券
    ○健康保険証、各種医療証、限度額適用認定書(*1)
    ○入院申込書(*2)
    ○印鑑
    ○保証金(*3)
    ○退院証明書(過去3カ月以内に他医療機関に入院していた方のみ)
    ○オムツ申込書、病衣タオル類申込書、特別療養環境室(差額ベッド)入室申込書

      
  • (*1)健康保険証のご提示がない場合は、自費扱いになります。また、交通事故、労災保険で入院される方や、生活保護などの適用を受けられる方はお申し出ください。 (証明書等を窓口へご提示ください)。
    また入院期間中、健康保険証、各種医療証等の変更がある場合は必ず1階入退院受付までご提示ください。

    (*2)入院手続き時には連帯保証人の記入、捺印が必要です。

    (*3)入院手続きの際、保証金をお預りいたします。その際に預り証をお渡ししますので『預り証』はなくさないように大切に保管してください。尚、保証金は退院時に精算し、入院費の一部に充当させていただきます。

    病棟で必要なもの

    ○現在飲んでいるお薬、お薬手帳(説明所等)(*4)
    ○口腔ケア用品(歯ブラシ、歯磨き粉、プラスチック製コップ)
        *義歯のある方(ふた付き容器、洗浄剤)
    ○ティッシュペーパー(予備を含めて2~3個)
    ○ボディーソープ(固形石鹸不可)
    ○シャンプー(出来ればポンプ式の物をお持ちください)
    ○履物(安全で容易に着脱出来るものをお持ちください)
    ○ひげそり(男性のみ)・・・充電器もお持ちください。

    (*4)入院前から現在服用中のお薬は、当院、他院のものにかかわらず、
    お薬の確認をいたしますので、お薬手帳(説明書)とともにお持ちください。

  • 入院費について

    入院中の入院費のお支払について

    入院費は毎月月末にとりまとめ、翌月10日に請求書を郵送します。請求書が届きましたら、請求書をお持ちの上、一週間以内に1階入退院受付にてお支払いください。(クレジットカード使用可)

      
  • 退院手続き

    入院費用の精算は退院当日、1階入退院受付窓口にてお支払いください。
    (クレジットカード使用可)

    平日 午前 9:00~午後 4:30

    *保証金預かり証を忘れずにお持ちください。
    *日曜、祭日の突然の退院はお取り計らいかねますので、
        必ず前もってお申し出ください。
    *入院費の計算は、健康保険法により0時(夜間)を起点に日数計算します。
        入院料における1日とは、午前0時から24時となります。
        ご不明な点は、1階入退院受付窓口にお問い合わせください。
    *入院費のお支払いについてのご相談は、なるべくお早めに入退院受付窓口へ
        ご相談ください。
    *お支払いいただいた入院費の領収書は再発行いたしませんので、
        所得税の医療費控除などに必要ですので大切に保管してください。

  • ご面会について
      面会時間
    終日 午後1:00~午後7:00

    ○消灯時間以降は、他の患者様へご配慮くださいますようお願いいたします。
    ○病院内は全て禁煙となっております。
    ○患者様の病状によって、病棟や病室を変更させていただく場合がございますので
       ご了承ください。

  • お問い合わせ先

    住所 〒193-0811 東京都八王子市上壱分方町50-1

    直通TEL:042−651ー5332

    FAX:042−652ー3753

このページのトップへ


Copyright © since 2001 GYOKUEIKAI All Rights Reserved.