医療法人社団 玉栄会東京天使病院エンジェルコート

地域包括ケア病棟のご案内



トップページ東京天使病院>地域包括ケア病棟のご案内
地域包括ケア病棟とは
  • 急性期治療後の病状が安定した患者様に対して継続的な治療やリハビリを行い、在宅(自宅や施設)復帰を目的とする病棟です。平成26年4月の診療報酬改定により新設された病棟で、当院では4階病棟(36床)を地域包括ケア病棟に変更しました

  • 入院の対象となる患者さま

    ○急性期治療は終了したが退院に向けてリハビリテーションが必要な方
    ○自宅や施設で療養中に肺炎や発熱、ケガなど、重症度からみて急性期病院よりも
       リハビリテーションを重視した入院加療が望ましい方
    ○自宅や施設等で療養中の患者様で、誤嚥予防や日常生活動作(ADL)向上のため
       のリハビリテーションが必要な方

    入院期間

    入院日数は保険診療上、最大60日までです。病状が安定したら、ご自宅、
    療養施設にお戻りいただきます。当院では30日前後が在院日数の平均です。

    回復期リハビリテーション病棟との違い

    当院には、回復期リハビリテーション病棟も併設しております。 回復期リハビリテーション病棟とは、特にリハビリを重点的に受けることができる病棟です。
    最大で1日3時間のリハビリを受けることができます。 ただし、重点的・専門的なリハビリを必要とする患者さまが利用できるように、病気発症からの 期間や疾患による入院日数に制限があります。

東京天使病院 地域包括ケア概要
  • 病床数 36床
    医師 常勤医師(内科・消化器・脳神経・整形)
    看護体制 13:1
    スタッフ リハビリテーション(専従)   ソーシャルワーカー(専任)
  • 入院期間 最大60日
    リハビリ導入量 平均40分   最大180分
    疾患制限 なし
    目的 在宅復帰(自宅・施設)  老健経由可能
  • リハビリテーションについて

    1人1人に合った個別プログラムを作成し、1対1の個別リハビリと自主トレーニングを提供します。 御家族に対して介助指導を行います。 必要に応じご自宅へ伺い、
    手すり等の福祉用具や住環境のアドバイスを行います。

    入院費について

    診療報酬点数で定められた「地域包括ケア病棟入院料1」を算定いたします。 入院費は原則として定額で、リハビリテーション・投薬料・注射料・簡単な処置料・検査料・ 画像診断料の費用のほとんどが含まれています。

    受付時間 - お申込み手順

    9:00~17:00(月曜日~土曜日)

    ○電話にてお問い合わせください。
    ○診療情報提供書をFAXにてお送りください。
    ○患者さま又はご家族さまとの事前面談をさせていただきます。
    ○事前面談ののち入院手続きをいたします。

  • 入院のお問い合わせ・お申込み

    入院のお問い合わせ・お申し込みは
    東京天使病院 医療相談室又は地域連携室までどうぞ。

    TEL 042ー651ー5331(代表)

    FAX 042ー651ー9160          

このページのトップへ


Copyright © since 2001 GYOKUEIKAI All Rights Reserved.