project image

教育プログラム

教育方針

看護の専門職者として、看護技術・知識・態度の学習を継続し「心と身体のトータルケア」を実践できる看護師を育てる。

教育目的

チーム医療のメンバーの一員として、看護の専門的知識・技術・態度を習得し、患者へ質の高い看護を提供する。

教育目標

  • 人間としての成長と職業人としての能力を身につける。
  • 看護の本質を追及し、看護観を発展させる。
  • 看護実線・管理・教育・研究を通して臨床看護実線能力を高める。

当院で求められる看護師像

  • いつでも、明るく、笑顔で挨拶できる看護師
  • 誰にでも、優しく、思いやりのある態度で接することができる看護師
  • いつでも、何処でも、学ぶことのできる看護師
  • 常に、患者の立場で考え、行動できる看護師
看護補助者 看護チームの一員として自己の役割を認識し、看護補助者としての業務が遂行できる
ラダーⅠa
(新卒)
東京天使病院の看護師として自覚し、各看護単位に適応し自立する
ラダーⅠb
(既卒)
東京天使病院の看護師として自覚し、各看護単位に適応し自立する
ラダーⅡ 看護活動において看護モデルの役割ができ、後輩に指導教育できる
ラダーⅢ 人の行動特性を捕え、人を動かすリーダーシップを発揮し、職場の活性化を図る
ラダーⅣ 創造的な看護を実践し、専門領域における高度な看護実線能力の発展を図る
管理者 管理領域・専門看護領域の役割的モデルとなり、専門性が発揮できる
全体対象コース 専門職として看護感を高めるとともに、社会人としての品格を身につけ看護職者の誇りを養う

平成27年度 看護部現任教育計画書はこちらから

研修風景

研修風景1 研修風景2 研修風景3

3階病棟

研修風景1 研修風景3

2階病棟

研修風景1 研修風景3

新人研修風景

研修風景1

中途採用

既卒看護師教育方針と計画

目標

  1. 病院の理念・基本方針が理解できる
  2. 看護部の看護理念・方針が理解できる
  3. 医療チームの各職種の役割と機能が理解できる
  4. 基礎看護の技術・知識を理解し、実践できる
  5. ベッドサイドケアに必要な看護理論と技術・態度が理解できる
  6. 病院のCS活動が理解でき参加できる
  7. 医療安全・感染防止への病院の方針が理解でき実施できる

オリエンテーションと教育計画

入職1週間

第1日目 1.病院の説明
2.看護部の説明(看護部看護基準より)
3.現在の医療状況と看護制度について
第2日目 4.看護倫理について
5.看護過程と看護記録について
6.看護理論について
第3日目 病院の構造・環境の説明
メッセンジャーと半日行動をする
各部署紹介
第4日目~7日目 6.基礎看護技術の理解(DVDを通して研修・デイスカッション)
  感染予防・安全対策
  輸液・注射の技術・看護
  呼吸管理(酸素投与・人工呼吸器・期間内吸引について)
  循環動態の管理(心電図・水分バランス)
  移動への援助技術(トランス・ポジショニング)
7.フィジカルアセスメントについて
8.リハビリテーション看護について

第2週目~1ヶ月

1ヶ月間 各病棟体験研修と実習
 外来 (接遇・説明・同意について学ぶ)
 2F病棟(慢性期内科病棟)
 3F病棟(回復リハビリ病棟)
 4F病棟(亜急性期病棟)
*基礎看護のデモストレーション
*事例検討会

project image

project image

project image

project image

project image

project image

project image

project image

ページのトップへ