医療法人社団 玉栄会東京天使病院エンジェルコート

脳ドックのご案内



トップページ東京天使病院>脳ドックのご案内
脳ドックとは
  • 脳ドックとは無症状の人を対象にMRIMRAによる画像診断を中心として未発症の脳血管障害その他の危険因子を発見し、数々の疾患の発症あるいは進行 を防止することを目的としています(脳ドックのガイドラインより)。MRIは脳の画像診断、MRAは主として頭蓋内の血管の画像診断を指します。 又、頚部の血管も対象とすることができます。

  • MRI(磁気共鳴撮影装置)・MRA(磁気共鳴血管撮影装置)とは

    頭部MRIは、磁気を用いて頭蓋内の断面を画像化する検査です。頭部MRAは、造影剤を使用しなくても磁気をもちいて脳血管の状態を撮影する検査です。放射線被爆もなく安心して受けられる検査です。

  • こんな方に脳ドックをおすすめ致します

    ○両親あるいは兄弟に脳梗塞、クモ膜下出血があった方

    ○本人あるいは親兄弟に心筋梗塞か狭心症の病歴がある方

    ○糖尿病・高血圧症の病歴の長い方

    ○中性脂肪・コレステロール・尿酸値が高い方

    ○頚部に関して病気とは思わなくても何となく不安を感じている方

  • 脳ドックでこんな病気が発見できます

    ○クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤

    脳動脈瘤は破裂すると大変危険ですが、破裂する前数年間は未破裂脳動脈瘤として存在します。この時期に脳ドックで発見し治療したいものです。

    ○無症候性脳梗塞

    糖尿病・高血圧が長く続いていたり、中性脂肪・コレステロール・尿酸の値が高い方は、症状の出ていない小さな脳梗塞、ラクナ梗塞が見つかることがあり、今後一層の注意が喚起されます。 痴呆症の誘因になることも懸念されます。

    ○脳動脈・頸動脈の閉塞あるいは狭窄

    手足の麻痺がおこる前に、脳あるいは頭部の動脈に細くなっている部位がみつかれば、脳梗塞の予防につながります。

    ○脳腫瘍

    ときどき、症状を現わす前の脳腫瘍が発見されます。症状がすでに出ていても、
    ご本人が気づいていないこともあります。

    ○慢性硬膜下出血

    60才以上のお酒を飲む男性に多い病気です。

  • 脳ドック臨床例

    当院は脳神経外科として脳や脊髄を中心とした疾患を早期に発見し、治療することにより症状や痛み等を取り除くとともに、その予防を目的として診療を行っています。 特に脳梗塞の頻度は増加傾向にあり、なかでも脳血栓症は早期発見、治療により経過が異なります。脳血栓症では脳血管の動脈硬化による脳虚血症状が一過性に現れることがあります。(一過性脳虚血) 手足に力が入らない、うまくしゃべれない、歩いていると片方に傾いてしまう、水を飲むとむせる、字がうまく書けない等の症状が出現することがあります。このような症状が起こる場合は注意が必要です。 一過性脳虚血発作は症状が短期間で消え、発作のないときはまったく症状がない為、発見が遅れることが多いのですが、脳梗塞が起こる危険信号なので、一過性脳虚血発作を反復する場合は脳梗塞の前駆症状であり治療が必要です。 当院では、CT(X線断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴撮影装置)、MRA(磁気共鳴血管撮影装置)が可能です。特に、高血圧、心臓病、高脂血症、糖尿病等を有する方はそれらの治療も大切です。 上記の症状や頭痛、手や足のしびれを有する時には一度ご相談ください。

    当院では、CT(X線断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴撮影装置)、MRA(磁気共鳴血管撮影装置)が可能です。

    特に、高血圧、心臓病、高脂血症、糖尿病等を有する方はそれらの治療も大切です。上記の症状や頭痛、手や足のしびれを有する時には一度ご相談ください。

  • 脳ドックの写真1 脳ドックの写真2
  • 脳ドックコースのご案内

    脳卒中、くも膜下出血、脳梗塞を予防する為の検査を行います。検査の所要時間は受付後、約2時間30分位で終了し、医師による総合判定を行います。必要に応じて、より精密な検査、 大学病院など専門医へのご紹介などさせていただきます。

    検査項目 詳細
    一般計測 身長・体重・視力・聴力・血圧測定
    眼底カメラ 片眼・・・動脈硬化、眼底出血の有無を調べます。
    頭部MRI MRIによる頭蓋内の断層画像です。脳血管障害や脳腫瘍

    脳萎縮等の有無が分かります。

    頭部MRA

    脳の動脈の撮影です。動脈硬化や血管の狭窄の有無、

    脳動脈瘤の有無を判断します。
    頚部MRA

    脳に血液を送っている内頚動脈、椎骨動脈を撮影します。

    動脈硬化により狭窄をきたし、脳梗塞の原因となることがあります。
    総合判定

    画像を見ながら結果説明をいたします。

    日常の生活習慣について注意すべき点をお話させていただきます。

  • 脳ドック受診時の注意事項

    MRI装置は、強い磁力により撮影を行います。このため以下に該当する方は、検査を受けられない場合がございますのでご予約時にお申し出下さい。 尚、治療・手術のため体内に金属の入っている方は、治療・手術を行った医療機関で、頭部のMRI検査を受けても大丈夫かを必ずご確認ください。

    ○ペースメーカーを装着されている方
       (最近は、撮影可能な器具も出ておりますのでご相談ください)
    ○動脈瘤クリップ
    ○心臓人工弁の手術を受けている方、心臓の血管にステントを入れている方
    ○マグネット式の義歯を使用されている方
    ○人工内耳のある方
    ○刺青のある方
    ○極度の閉所恐怖症の方
    ○現在妊娠している方
    ○咳(風邪・喘息)がひどい時→体が動いてしまう為

  • 検査の流れ

    ○受付にて問診票・保険証(お名前・生年月日の確認)をご提出ください。
    ○身長・体重・血圧測定、視力・聴力・眼底カメラ検査をします。
    ○MRI室に移り、MRI装置のベッドに仰向けに横になっていただきます。
    ○撮影時間は30分位です。体を動かさないようにリラックスして受けてください。
    ○少し大きい音がしますが何の痛みも副作用もありません・・・ご安心ください。
    ○検査終了です。画像を見ながら担当医師より結果のご説明を受けていただきます。
    ○脳神経外科医師3人によるチェック後、2週間位で結果「脳ドック成績表」を
        お送りさせていただきます。

  • 脳ドック実施日
    受付時間のご案内 ※完全予約制、事前にご連絡ください。  
      日・祝祭日
    午前8時40分〜 × × × お休みです
  • 脳ドックのお問い合わせはお電話で

    直通TEL:042−651ー5671

    受付時間:午前9:00 ~ 午後5:00まで
    担当 土井、香取、村上まで

このページのトップへ


Copyright © since 2001 GYOKUEIKAI All Rights Reserved.