医療法人社団 玉栄会東京天使病院エンジェルコート

ボトックス外来のご案内



トップページ東京天使病院>ボトックス外来のご案内
ボトックス外来のご案内
  • 東京天使病院外来ではボトックス治療を行っております

  • ボトックスとは??

    ボトックスは、ボツリヌス菌がつくり出すA型ボツリヌストキシン(天然のタンパク質)を有効成分とするお薬です。ボツリヌス菌を注射するわけではありませんので、ボツリヌス菌に感染するといった危険性はありません。

    さまざまな研究の結果、このタンパク質のごく少量を緊張している筋肉に直接注射すると、その筋肉がゆるみ、緊張やけいれんがおさまることがわかっています。

    また、わきの下の皮膚に注射すると汗腺の働きを抑え、過剰な発汗を抑えることがわかっています。このような作用をもつことから、ボトックスは医薬品として使用されています。

  • 効果について

    ○神経と筋肉の間では、アセチルコリンという化学物質が放出されて刺激が伝わり筋肉が収縮します。この薬は投与した部位に作用して、アセチルコリンの放出を阻害することにより、神経の働きを抑え、筋肉のけいれんや緊張を抑えることができます。

    ○この薬の効果は、2、3日~2週間で現れます。
    効果は「上肢痙縮」、「下肢痙縮」に対しては通常3~4ヵ月持続します。

    ○この薬はタンパク質が主成分であるため、治療を続けていくうちに、ごくまれに体内に抗体がつくられ、効果が減弱する可能性があります。

  • 当院におけるボトックス治療による対象の疾患

    「上肢痙縮」及び「下肢痙縮」

  • 外来受診について

    まず始めに粟根医師の外来を受診して下さい。

      受付・診療時間
    水曜日 8:45~11:30(診療 9:00~12:00)/ 1:30~4:30(診療 2:00~5:00)
    第3土曜日 午後1:30~4:30(診療 2:00~5:00)
  • お問い合わせ先

    TEL:042−651ー5332

このページのトップへ


Copyright © since 2001 GYOKUEIKAI All Rights Reserved.